社会人の為の「Q&A」

大学・短大、社会人向け 認可校の専門学校検索サイト| 専門学校ナビ 社会人

専門学校ナビ 社会人 > 専門学校 Q&A
専門学校 Q&A
社会人の方から良く寄せられる質問です。 解答を確認する場合はテキストをクリックして下さい。

学校の資料(パンフレット)取寄せは、お金かかりますか?

いいえ。 「専門学校ナビ」では掲載の全ての学校のパンフレットは無料にて取寄せる事ができます。

資料(パンフレット)を請求したら、電話とかメールとかいろいろ来るようになりますか?

いいえ。 当サイト「専門学校ナビ」では、利用者の方が迷惑と感じる行為はしておりません。
確認事項で必要な時だけ連絡をいたします。

資料(パンフレット)は何日で届きますか?

平均3営業日~7営業日とお考えください。万が一、届かない場合はお問合せください。
入力情報に誤りがあり、リターンした可能性がございます。

現在36歳で2人の子持ちです。そちらの○○学校で社会人の方というのはおられますか?

はい。
○○学校では、25歳~40歳までの社会人の方が多いようです。学校によって異なりますので、一度、資料を請求してみてはいかがですか?時間のご都合が良ければ、実際に学校へ足を運ばれてみてもよいかと思います。

自分フリーターの中卒なんですけど専門学校に入れますか?

専門学校の入学基準は高等学校卒業もしくは、卒業程度の学力が必要になっています。
学校によっては高等課程がある場合もあります。

学校見学したいのですが?どうしたらよいですか?

当サイトより「お申込」「資料請求」をした後に学校にお問合せをするとスムーズに参加できます。

オープンキャンパスに行く予定ですが、服装はどうすればいいでしょうか?

基本的に、ほとんどの学校が服装は自由です。そのイベントや体験にあう服装がいいと思います。

国の教育ローンは、専門学校に入学してから申し込みするのですか?

はい。現在通っているorこれから通う学校から申請をしてください。

地方から出て行くので、寮などの完備について知りたいです。

ほとんどの専門学校では学生寮、学校提携のマンションなどを完備しています。
各学校によって異なりますので、気になる学校が見つかれば、資料(パンフレット)を請求してください。

私の年齢は、37歳です。夜間コースだと、昼間は医療関係で働き夜通学という人が多いのでしょうか?
色々聞きたい事がありますので、学校に行き担当者様と話す事は可能でしょうか?

はい。可能です。
その際は、希望の専門学校に電話して頂き、予約をする事をお勧めします。また、直接学校へ行った際に、パンフレットは配布されますが事前に2~3校のパンフレットを取寄せるのも宜しいかと思います。

大学卒業者や社会人で入学される方はいますか?

高校を既に卒業されている方も、もちろん大勢います。大学や短期大学を卒業または中退されてから入学する人や、社会人を経験されてから入学する人など、さまざまな経歴の人が入学しています。近年は特にそういう方が増えています。学科によっても少しずつ違いますが、最近の入学者の2~3割は高校新卒ではない方です。

クラスの年齢層はどれくらいですか

高卒・大卒・社会人経験者など、さまざまな年齢層の学生が在籍しています。世代が違い、考え方や生活環境も異なりますが10代から50代の学生が同じクラスで学んでいます。

専門学校は高等学校卒業以上でないと入学できないのですか。

原則として、高等学校卒業程度以上でないと入学できません。
高等学校卒業者のほか、①外国において12年の学校教育を修了した者、②高等学校卒業程度認定試験に合格した者、③修業年限が3年の専修学校高等課程を修了した者、④専門学校において、高等学校を卒業した者に準ずる学力があると認められる者ーなどは入学資格が認められます。なお、高等学校中退者は専門学校に入学することはできません。高等学校中退者が入学できる学校として専修学校高等課程(高等専修学校)があります。

一般入学ではどんな方法で入学者選抜が行われますか。

たいていは書類審査と面接で行われます。
まれに作文・小論文、学科試験、実技(適性検査)などが行われることもあります。学科試験の問題は基本的なものばかりです。実技は幼児教育科や保育科のピアノ、デザイン科

他校と併願することは可能ですか。

推薦入学では単願を原則としていますが、大学や短大との併願に限り入学手続きを併願先の合格発表まで待つ専門学校もあります。 一般入試での併願は自由ですが、複数校への出願時には入学手続き締切日を確認しましょう。他校の合格発表前でも定められた日時までに手続きをしないと、その学校に入学する権利を失ってしまいます。

専門士の称号はどこの専門学校でも得られるのですか。

専門士の称号は文部科学大臣が認定した学科でしか得られません。
認定の条件は、①修業年限2年以上、②総授業時数1,700時間以上、③試験等によって成績評価を行い、課程修了の認定を行っていること、の3つです。たいていの専門学校で専門士の称号が得られますが、2年未満の課程は条件を満たしていません。専門士の称号が得られる学科であれば、大学編入資格も得られます。